REPORT 現地レポート

沖縄アリーナでのWindow2開幕戦はオーストラリアが98-61で勝利。日本の初戦は明日12時よりチャイニーズ・タイペイと対戦

2022年2月25日

 「FIBAバスケットボールワールドカップ2023 アジア地区予選」Window2が沖縄アリーナで開幕。AKATSUKI FIVE男子日本代表と同じBグループは中国、オーストラリア、チャイニーズ・タイペイで争われ、このWindow2では2月26日(土)にチャイニーズ・タイペイ、翌27日(日)はオーストラリアと対戦します。この試合の観戦チケットは好評発売中です。

 本日はオーストラリアvsチャイニーズ・タイペイが行われ、98-61でオーストラリアが快勝。どこからでも得点が取れるオーストラリアの中で、スコアリーダーは島根スサノオマジックの#ニック・ケイ選手が14点で活躍しました。敗れたチャイニーズ・タイペイでしたが、第3クォーターはフルコートプレスディフェンスを仕掛け、この10分間だけは30-22で上回っています。この対戦は2月28日(月)にもう一度行われます。

 男子日本代表チームは会場入りし、この試合を見ていたので明日は対応してくることでしょう。また、富樫勇樹キャプテン(千葉ジェッツ)は「相手よりも自分たちのバスケットをまずしっかり出せるようにしたい」と話しており、トム・ホーバスヘッドコーチが目指すバスケットを全員で表現し、勝利を勝ち取るだけです。

NOW LOADING

TOP