NEWS ニュース

男子日本代表:選手コメント紹介③「オリンピックメンバーが多少抜けたことで、ある意味チャンスがある」西田 優大選手

2021年11月22日

 「FIBA バスケットボールワールドカップ 2023 アジア地区予選」 Window1へ向け、直前合宿を行っている男子日本代表候補選手たちのコメントを紹介致します。

■西田 優大 (シーホース三河)
(フリオ)ラマスヘッドコーチの頃から選んでいただいてきましたが、今回は新体制になり、新たな気持ちでこの合宿には臨んでいます。オリンピックメンバーが多少抜けたことで、ある意味チャンスがあると思っています。その意味でも、自分の強みを出していけるようにしたいです。

Bリーグでも外国籍選手とマッチアップする機会が増えており、しっかりディフェンスできているのも自分の強みになっています。3ポイントシュートはもちろんですが、フィジカル的なディフェンス面でも貢献したいです。

■ベンドラメ 礼生 (サンロッカーズ渋谷)
僕自身、オリンピックメンバーには入りましたが、不完全燃焼に終わったと感じています。今回メンバーに選ばれたら、そのときの気持ちも含めて、全力でコートで表現できるようにしたいです。

トム(ホーバス)ヘッドコーチは細かくプレーを指示しながら、日本の良さであるスピードを特に生かそうと今は練習に取り組んでいます。その中で、相手の裏をかくようなパス&ランのプレーが増えてきています。自チームではピック&ロールを使って攻めることが多いですが、それよりもオフボールでの動きが大事になってくるので、そこは少し難しい部分でもあります。

■寺嶋 良 (広島ドラゴンフライズ)
今までアンダーカテゴリーも含めて、日本代表にはかすりもしなかったので、このような機会をいただいて本当にうれしく思っています。日本代表になることも夢のひとつであり、このチャンスをつかみ取れるようにがんばりたいです。

今はたくさんフォーメンションも覚えている最中であり、それを試合の流れの中でどう使うかに対し、頭を使わなければいけないです。広島でも同じように頭を使うことを教わってきたので、それを生かせるようにしたいです。また、レベルの高いポイントガードの選手たちが、どのようなプレーのチョイスをするのかも学べる機会になっています。

■岡田 侑大 (信州ブレイブウォリアーズ)
日本代表候補に呼ばれたのがはじめてであり、本当にうれしかったです。今までテレビで見てきた選手たちと一緒に練習できることがうれしい限りなので、精一杯がんばっていきたいです。

信州では攻めることが一番の役割ですが、代表では自分に求められる仕事はまた違っています。信州の時はピック&ロールを使ったり、自分がボールを持ってプレーする時間が長いですが、トムヘッドコーチの目指すバスケはパス&ランで、一人ひとりのボールを持つ時間を少なくしたいというのがチームルールです信州と同じようなプレーはではありませんが、その中でも自分が持っている力を出さなければならないので難しい部分はあります。でも、もうひとつ上のレベルの選手になるためには必要な部分だと思っています。

NOW LOADING

TOP