NEWS ニュース

男子日本代表:銀メダルに輝いた女子日本代表のスタイルは「日本にぴったりフィットする」トム・ホーバスヘッドコーチ

2021年11月19日

 11月27日・28日、ゼビオアリーナ仙台に中国代表を迎えて行われる「FIBA バスケットボールワールドカップ 2023 アジア地区予選」 Window1(※以下ワールドカップ予選)へ向け、トム・ホーバスヘッドコーチ率いる新生男子日本代表の活動をはじまりました。

 練習メニューは、女子日本代表とほぼ同じ。「頭を使ってプレーしよう」「しっかり体を当てること」「とりあえずシュートを打って。打たなければ日本の良いバスケスタイルがイメージできない」と、指摘する内容も同じです。スピードを生かし、ディフェンスから速攻を出す速いペースで、フルコートバスケを展開するスタイルは「男子も女子もぴったりフィットすると思っています。1〜3番ポジションの選手は速く、シュート力もあり、頭を使ってプレーできます。その力を上手に使って良いチームを作りたいです」とホーバスヘッドコーチは急ピッチで強化を進めています。

 候補選手として初招集された齋藤拓実選手(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)は、最初のミーティングでホーバスヘッドコーチが目指すスタイルの話を聞いた時に、東京オリンピックで見た女子日本代表のプレーを思い浮かべました。「町田(瑠唯)選手がペイントアタックして、そこからカッティングしてきた選手に合わせたり、良いスペースを作って外で待つ選手に3ポイントシュートを打たせるなど、ポイントガードとして誰がペイントアタックするかはしっかり把握しなければいけないと言われています。選手それぞれの役割があり、特に僕の場合はペイントアタックしてクリエイトするのが得意なので、そこは生かせるかなと思います」と話し、持ち味を発揮しながらアピールしています。

 中国代表との2連戦へ向け、「相手のフィジカルに対し、簡単に負けてはいけません。ハーフコートゲームになれば、中国が有利になってしまいます。日本の速さを生かし、しっかりスペーシングを使いながらフルコートゲームの速いペースにできれば必ず勝機はあります」とホーバスヘッドコーチは自信を見せます。シンプルに「勝ちたい」と目標を掲げ、予備登録を済ませた24名の選手たちの特徴を把握し、それを引き出す練習メニューを課しています。

「このシステムやスタイルに対し、誰がフィットするのかを見極めています。初日からいろんなプレーをたくさん入れてみて、誰がルールやプレーを覚えられるかを試しています。覚えながら、その中で誰が良いパフォーマンスができるかどうかを確認しています」

 24名中、シューティングガードとスモールフォワードの選手は12名の半分を占めます。ほとんどが190cm台であり、「小さくはない選手たちですし、日本のスタイルではどちらも同じようなプレーが求められます」とホーバスヘッドコーチは言い、カギを握るポジションです。練習中から競争し合っており、「レベルが高く、この中から誰がステップアップできるか楽しみに見ています」と期待を寄せます。

 練習がはじまってまだ2日しか経っておらず、今はホーバスヘッドコーチが課すルールやフォーメーションを覚えるのに精一杯な選手たち。それも女子日本代表と同じです。Bリーグがシーズン中の厳しい状況ですが、「選手たちはとても良いエネルギーを持って集まってくれました。(2日間午前と午後の)4回練習を行いましたが、エネルギーは全然落ちていないし、全員が一生懸命がんばっています。すごく良い合宿のスタートであり、みんながしっかり競い合っています」とホーバスヘッドコーチを筆頭に、熱く練習に励んでいます。

NOW LOADING

TOP